萬福寺からの挨拶

Greeting

  1. ホーム
  2.   >  知る
  3.   >  萬福寺からの挨拶

黄檗宗大本山萬福寺へようこそ

黄檗宗大本山 萬福寺執事長
黄檗宗 総務総長 盛井 幸道

京都市の南、宇治の清閑な地にひそやかに佇む中国風の禅寺。
江戸時代初期(1661)、中国僧「隠元禅師」によって創建された黄檗宗大本山萬福寺。雑騒とした市井から一歩境内に入れば、心静かな癒しの空間。

三門を出れば日本ぞ茶摘み唄(菊舍)
(境内では、まるで中国に居たように錯覚していた。三門を出れば茶摘み唄が聞こえてきた。)
三門を進むと優しく布袋尊がお迎えしてくれます。

鎖国政策のなか、1654年、長崎の唐寺の住職に請われて来日した隠元禅師は、3年で帰国する予定でありましたが、後水尾法皇や4代将軍の尊崇を受け、宇治の地に9万坪を拝領し新寺建立を認められ、黄檗山萬福寺を開創されました。
弟子等20数名を伴い来日され、その後も21代住職まで中国僧が勤めていたので、その影響は宗教界のみならず日本の文化にも大きく影響を与えています。

今や古来からの日本文化と思われているものも、実は隠元禅師が中国から招来されたものである事がしばしば見られます。食事方法が個々のお膳から、皆で囲む机(卓袱台)になったのも、お煎茶を飲むようになったのも。また精進料理の食材や、内容も油を多く使ったものに様変わりするなど、禅師の請来によるものです。

建造物は、七堂伽藍等が石畳と回廊に繋がって整然と左右対称に配置され、いずれも中国風の建築様式で、創建当時のままに現在もその雄姿を誇っており、23棟が国指定の重要文化財であります。その他、聯額や襖絵、軸物など多くの美術工芸品も重要文化財に指定されています。仏像も中国の仏師が手がけたものも多く、その表情は独特のものが有ります。

萬福寺の雰囲気を存分にお楽しみいただき、異国情緒を味わっていただければ幸甚です。

黄檗宗大本山 萬福寺執事長
黄檗宗 総務総長 盛井 幸道