普茶料理

Fucha Food

  1. ホーム
  2.   >  食す
  3.   >  普茶料理

普茶料理について

普茶料理(ふちゃりょうり)とは、本宗の開祖隠元禅師が中国から伝えた精進料理で、「普茶」とは「普く(あまねく)大衆と茶を供にする」という意味を示すところから生まれた言葉です。
中国文化の香りがし日本の山野に生まれた自然の産物を調理し、すべての衆が佛恩に応え報いるための料理です。席に上下の隔たりなく一卓に四人が座して和気藹藹のうちに料理を残さず食するのが普茶の作法です。

禅宗では「五観の偈(ごかんのげ)」という食事の前に唱えられる偈文があり、食事をいただく事も修行のうちのひとつです。その事を踏まえ、素朴・幽遠な禅味のある三百数十年の伝統と風味をご賞味ください。

萬福寺では、その普茶料理を実際にご賞味いただく事ができます。ただし普茶料理をご賞味いただくにはご予約が必要です。ご予約に関してはページ内の「ご予約」をご覧ください。

<五観の偈>

一つには、功の多少を計り彼の来処を量る

(この食事が、多くの人々や生命に支えられていることに感謝します。)

二つには、己が徳行の全闕と忖って供に応ず

(自らの行いがきちんとしているかどうかを反省して、食事をいただきます。)

三つには、心を防ぎ過貪等を離るるを宗とす

(食事の量や内容にかかわらず、正しい心で残さずいただきます。)

四つには、正に良薬を事とするは形枯を療ぜんが為なり

(食事は身と心の健康を保つための、一番の薬です。)

五つには、道業を成ぜんが為に應にこの食を受くべし

(自分の仏道修行、目標、責務を成し遂げるための食事です。)

菜単(ツァイタン)

菜単とは、中国で献立を意味します。当山でご賞味いただける普茶料理を紹介します。
紹介している料理は一例です。コースや季節により料理は変わりますので詳しくはお問い合わせください。

筝羹(シュンカン)

旬の野菜や乾物の煮物などを大皿に盛り合わせた一皿で、普茶料理の中の華ともいえます。

もどき

精進の食材を使って鰻の蒲焼やカマボコに見立てた料理。

麻腐(マフ)

ごま豆腐の元祖ともいうべき洗練された逸品です。ゴマの旨味と香りが口の中に広がります。

寿免(スメ)

清湯(チンタン)ともいわれる澄まし汁。具に唐揚げが入っていてなんとも珍しい一品ですが、淡味で非常にあっさりしています。

浸菜(シンツァイ)

普茶料理のなかで淡味の一皿。季節感のある食材を用いて他の料理を引き立てます。

雲片(ウンペン)

調理の際に残ったへたなども余すことなく、細かく刻んで葛でとじ、雲に見立てています。普茶料理の代表的な料理です。

雲片(ウンペン)

一見てんぷらのようですが、素材や衣自体に味がついており、唐揚げに近い料理。梅干しや饅頭などの変わり食材もあります。

水果(スイゴ)

料理の最後をしめくくるデザートです。果物と甘味で口の中をすっきりとさせてくれます。

コースメニュー

7,000円コース

7,000円+税/お一人

彩、季節感ともに最も豊かで普茶料理のすべてを味わうことができます。「鰻の蒲焼もどき」のほか、多彩な料理の数々をお楽しみください。

  • ※ご予約は2名様からお願いします。

5,000円コース

5,000円+税/お一人

基本的な普茶料理のコースです。2~5名で一つのテーブルを囲んでいただき、中華料理のように取り分けていただきます。

  • ※ご予約は2名様からお願いします。

3,000円コース

3,000円+税/お一人

普茶料理の代表的な料理を松花堂弁当にお詰めしました。寿免(お吸い物)を添えてお出しします。

  • ※1名様からご予約可能です。
  • ※普茶弁当のみ数量限定で当日ご予約分をご用意している場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

ご予約

普茶料理をご賞味いただくにはご予約が必要です。
ご予約はお電話または当山にて直接承ります。ご予約の際は「普茶料理の予約」とおっしゃってください。

予約受付 3日前の午前中までに
営業時間 午前11:30 ~ 午後2:30まで(昼食のみ) ※お席には午後1:00までにお入りください。
年末年始、お盆、諸行事等の都合により休業する場合が御座います。
拝観料 別途頂戴しております。(拝観料について
駐車料金 無料 ※普茶料理をご注文の場合、大駐車場を無料にさせていただいております。
お問い合わせ TEL:0774-32-3900(受付時間 : 午前9:00 ~ 午後4:30まで)